2011年06月24日

桜ヶ丘の家外構

今回は道路からの高低差が2m近くあったのでアプローチを長くとり階段に石を使ってみた。
コンクリートで固めた階段は避けたかったので、なるべくもとの地形を崩さずに土木屋さんに丁寧にすきとってもらい、石屋さんに100Kg以上はあろうかという石を1段1段据えてもらった。植裁は予算の都合上大きな木だけで、下草などは奥様が植えられることになりました。
まあ、最初から完成した庭よりも少しづつ良くしていくのもひとつの楽しみです。
使用した石はインド砂岩 緑がかった石で何とも柔らかい表情をしていて、建物の雰囲気にとてもあっていると思う。
打ち合わせの時にサンプルを見てもらったところ、奥様がとても気に入られて採用となりました。廻りにイワダレソウを植えたので生え広がるのが楽しみです。
IMG_0915.gif

門柱もインド砂岩
この後表札が付く予定。
IMG_0917.gif


デッキと塀は耐候性の強いサイプレスという木を使ってます。ちなみに室内の床はタモ材オイル仕上げ
アオダモとジューンベリーを植えてみました。ジューンベリーが食べごろです。
IMG_0920.gif

IMG_0913.gif






posted by taca_o at 22:16| Comment(0) | 桜ヶ丘の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。